慈恵医大附属病院にて出産&入院 病室編

慈恵医大附属病院にて出産&入院 病室編
Pocket

慈恵医大附属病院にて自然分娩で出産をしました。出産後の入院生活についてご紹介していきます!これから出産される方や病院探しをしている方は参考にしてみてください。(あくまで私の入院時の時のレポートなので、変わることもあると思います。)

今回は病室についてです。

★出産について

出産間近の妊婦さんへ 妊娠から出産までレポート

出産間近の妊婦さんへ 出産レポート

★出産&入院費用について

  • 通常分娩:約70~80万円
  • 帝王切開:約50~60万円
  • 個室代:24,000〜33,000円/日
  • 無痛分娩:通常分娩+約10〜15万円

となっています。

★病室について

個室・4人部屋・6人部屋があり、それぞれ母子同室と異室の部屋の2種類があります。入院時に希望を伝えられますが、空き状況によって入室の有無がわかります

差額はこんな感じとなっております(*2018年時点)
・個室(約17㎡):356,40円
・個室(約14㎡):25,920円
・4人部屋(約28㎡):7,020円
・6人部屋(約32㎡):追加料金なし

個室には、ユニットシャワー・トイレ・電話・無線LAN・冷蔵庫・テレビが完備してあります。大部屋は、冷蔵庫とテレビがあります。

ちなみに私は個室か4人部屋をお願いしていたのですが、残念ながら6人部屋の母子同室となりました。

★面会時間

月~土 :14時~20時
日・祝日:10時~20時

病棟内に入れるのは、ご主人・両親・中学生以上の赤ちゃんの兄弟のみです。それ以外の方はロビーでガラス越しに赤ちゃんと面会という形になります。もちろん面会場所でお母さんには会えます!

★母子同室のルール

朝10時~夜9時まで母子同室ができます。そのほかの時間は助産師さんが預かってくれます。夜間の授乳の際は、授乳室へお母さんたちが行って授乳します。夜間授乳の有無は朝の診察の際にヒアリングを受けます。夜間授乳を頑張ります!と伝えると赤ちゃんが泣きだすタイミングで呼びに来てくれます。もし疲れていて睡眠を確保したいお母さんは夜間の間助産師さんがミルクを上げてくれます。

私は、一日目(産んだ日)は助産師さんに夜間のミルクをお願いしました。2日~4日目までの夜間授乳を行いました。自分の体調に合わせて授乳ができるので慈恵医大附属病院で出産して良かったと思う点だと思います。

 

★病室はこんな感じ♪

こちらは母子同室の6人部屋の様子です。こちらに赤ちゃんをケースで運んでもってきてOKです。

部屋はこんな感じです。正直狭いです・・・。
収納スペース、テレビ、冷蔵庫、机という最低限の家具とスペースです。

収納はこんな感じです。入りそうに見えますが、下の棚は浅い作りになっているので、実は全く入らない・・・!

上の棚は奥行きがあり入れるスペースが結構あります!

テレビはこちら!

テレビの下に冷蔵庫があります。どちらもテレビカードを購入して使用できるタイプです。

テレビカードはシャワー室のところで購入ができます。1000円がないと購入ができないので、1000円札をもっておいた方が良いです。

テレビカードでその他洗濯機も使えます。

さいごに

私が入院した時は6人部屋で4人病室に入っていました。4人だと隣の人がいなかったので、入院中あまり気にならなかったです。最終日は6人とマックスだったの、正直ちょっと辛かったです。一応問題なく6人部屋で最後まで過ごしました。病室は運なので、入ってみるまではわからないものです。昼間は母子同室だったので、赤ちゃんと一緒にベットで寝ることができ、ずっと赤ちゃん観察をしていました。授乳に関しては、最初全くわからないことだらけで不安でしたが、毎日助産師さんがおっぱいの状況を見てくれて、相談に乗ってくれるので安心して色々と話が出来ました。

詳しい入院については慈恵医大附属病院のHPでもチェックしてみてください♪

妊娠・出産カテゴリの最新記事